Google

 業者になりすました男に毛布代の残金を払ってしまった

見守り新鮮情報 第50号      

国民生活センター 平成21年1月23日より転載
    ___________________________

    
             ・平成20年11月頃
             ・北海道・東北地方で
    ___________________________
 
 訪問販売で約17万円の毛布を購入した。約9万円をその場で支払い、残金は
1週間以内に銀行振込することとした。その2,3日後、「残金の集金に来た」と
男が来訪。その話しぶりから訪問販売業者の従業員かと思い込み、現金で支払
った。ところが、1年後に業者から残金が未払いとの連絡を受けた。集金に来た
男は関係ないという。
===================================
<ひとこと助言>
☆商品を購入したという情報を得て、業者の従業員になりすまして集金する手
 口です。
☆約束した支払い方法と違う請求を受けたときは、すぐに支払わず、業者へ確
 認しましょう。
☆心配な時は、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。


posted by 在宅仕事 簡単な女性の在宅仕事 at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅、悪徳商法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック