Google

総務省をかたって不必要な地デジ用部品代を請求

見守り新鮮情報 第55号 平成21年3月27日より転載

◇発行:(独)国民生活センター 企画・編集:(社)全国消費生活相談員協会◇

___________________________

総務省をかたって不必要な地デジ用部品代を請求
・平成21年2・3月
・九州・沖縄地方で
___________________________

「総務省推進事務局」と書かれた名刺を持った男が、
一人暮らしの認知症の姉の自宅へ訪問し、
「地上デジタル放送を見られるようにする」とテレビを点検した。
姉はプラグ交換が必要と言われ、
訳がわからないまま約3万円を支払ったようだ。
地上デジタルテレビ放送が視聴できる状況になっていたため、
必要のないものだった。
===================================
<ひとこと助言>
☆2011年から地上アナログテレビ放送が地上デジタルテレビ放送
(地デジ)に完全移行することに便乗し、
総務省をかたり信用させて、工事を契約させる商法です。

☆総務省の関係者が訪問して、
地デジを見るのに必要な器具を点検したり、
物を売ったりすることはありません。
☆地デジに関してわからないことがあるときは、
総務省「地デジコールセンター」
TEL:0570-07-0101または03-4334-1111や、
お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

posted by 在宅仕事 簡単な女性の在宅仕事 at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅、悪徳商法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116428678

この記事へのトラックバック