Google

ヘアドライヤーの取り扱いに注意しましょう

見守り新鮮情報 第278号                平成29年4月18日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇
     __________________________

       ヘアドライヤーの取り扱いに注意しましょう
     __________________________

ヘアドライヤーを使用中に吸い込み口から40〜50本髪の毛が吸い込まれ、巻き
込まれた髪の毛を外すことが出来なかった。(60歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆ヘアドライヤーは身近な製品ですが、髪の毛が吸い込まれ、外れなくなった
 り、コードから発煙、発火したりする事故が報告されています。
☆標準型のヘアドライヤーには吸い込み口付近にファンが内蔵されています。
ドライヤーを使用する際は、髪の毛を吸い込み口に近づけないようにしましょ
 う。
☆ヘアドライヤー本体にコードを巻きつけて保管すると、コードが曲がったり、
 ねじれたりして損傷し、発煙、発火等が起き、やけどをする可能性がありま
 す。本体にコードを巻きつけないようにしましょう。
☆基本的な使い方が分かっていても、購入時には取扱説明書をよく読み、注意
 事項等を正しく理解しましょう。
posted by 在宅仕事 簡単な女性の在宅仕事 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック