Google

経産省 / ダイエット用品販売会社2社に業務停止命令

 経産省は24日、ダイエット用品を販売するビューティー・アートセンター(本社東京都文京区)と通販エクスプレス(本社東京都渋谷区)に対し、虚偽・誇大広告、広告表示義務違反の特定商取引法違反として、3ヵ月間の業務停止命令を出した。

 ビューティー・アートセンターは、「ダイエットGプレート」と称するサンダルまたは中敷について、「特殊な指圧プレートが足裏のダイエットツボを刺激してヤセる!」などと容易に著しい痩身効果が得られるような表示をして、「1日20分履いただけで、たった2ヵ月で34kgも痩せた」などと、容易に著しい痩身効果が得られたとする体験談を多数掲載していた。また、「キューティヒップ」と称するクッションについて、「1日たった20分、座っているだけで骨盤のゆがみを整え、肥満の根本原因を解消!」と容易に著しい痩身効果が得られるかのような表示と、容易に著しい痩身効果が得られたとする体験談を多数掲載していた。さらに、「スリムビューティーEX」と称するTシャツとショートパンツの上下セットについて、「NASAの最新技術でダイエット大革命!ただ着るだけで、脂肪がどんどん燃焼する!!」などと容易に著しい痩身効果が得られるような表示をし、併せて容易に著しい痩身効果が得られたとする体験談を多数掲載していた。

 

2007年08月24日 18:30 -健康美容EXP- 健康美容ニュ−スより転載

posted by 在宅仕事 簡単な女性の在宅仕事 at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅、悪徳商法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52645052

この記事へのトラックバック