Google

内職商法とは

 
長野県上田消費生活センター  2007.10.1 より転載
      

【消費生活センターから】
  内職商法とは「自宅に居ながら誰でも簡単に仕事ができる」とか「資格を取れば
 仕事を紹介するのですぐに収入になる」などと言って誘い、仕事に必要と言って高
 額な教材やパソコンを買わせたり、代理店契約料などの名目で、仕事を始める前に
 代金を払わせる商法です。主な種類としては、パソコンを使ったデータ入力やホー
 ムページ作成、チラシ配布、宛名書きなどがあります。
  契約後は、色々と理由をつけ仕事を紹介しなかったり、悪質な場合は、お金を支
 払った直後に業者と連絡が取れなくなってしまうケースもあります。このようなト
 ラブルに遭わないよう、次の点に注意してください。
  ・「簡単に高収入が得られる」というような「うますぎる話」は、まず疑ってみ
   ましょう。
  ・「仕事のために機材や教材の購入が必要」「保証料、契約料が必要」などと言
   って、先にお金を支払わせる業者は要注意です。
  契約にあたっては、書面により契約内容をきちんと確認し、納得のいくまで説明
 を求め、他の業者とも比較するなど慎重に対応しましよう。
 
★平成19年度に当センターに寄せられた相談事例(詳しくはここをクリック)

・「貸します詐欺」にご用心!(平成19年7月)

・「次々販売」にご用心!(平成19年6月)

・「アポイントメント商法」にご用心!(平成19年5月)

・「利殖商法」にご用心!(平成19年4月)

posted by 在宅仕事 簡単な女性の在宅仕事 at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅、悪徳商法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック